Undefined Database Configuration

「tmpファイル」を削除してPCを軽くする方法

パソコン遅い
買ったときはあんなにサクサクと
動いてくれたWindows


日が経つにつれだんだん遅くなり
1つのアプリケーションを起動させるにも
時間がかかってイライラ


Windowsユーザーなら誰もが経験されているのでは
ないでしょうか。


常駐プログラムを減らす

使っていない不要なアプリケーションを削除する

デフラグを行うなどの方法を行っているかと思いますが


今回は、ほとんど気にとめていない「tmpファイル」を削除して
PCを軽くしていきましょう。

※OS「Windows 7」を使用しています


「tmpファイル」って何?

「tmpファイル」とは
「テンポラリ(temporary =一時的な)ファイル」の略です。

ソフトウェアが作業中に
データを一時的に作成、保存されます。


このファイルは
通常アプリケーションが終了すると同時に削除されるのですが
アプリケーションが強制終了してしまった場合などに、
削除されないままパソコン内に残ってしまうことがあります。



この「tmpファイル」が溜まると
パソコンの空き容量を大幅に占有することもありますので、
定期的にチェックして、溜まっていれば削除しましょう。


「tmpファイル」を確認する

まずは「tmpファイル」がどれくらい溜まっているのか確認しましょう。

「tmpファイル」は
パソコンのファイル表示の設定によっては
表示されない場合があるので、
表示されるようにする設定していきましょう。


はじめに、どれでもいいのでフォルダを開きます。

screenshot_21


左上に表示されている
「整理」→「フォルダーと検索のオプション」


tempファイル

「表示」タブ→「詳細設定」にある
「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」
にチェックをし、「適用」「OK」をクリック。


tempファイル


これで「tmpファイル」が表示されるようになります。


[Windowsキー]+[R]を押すと
「ファイル名を指定して実行」ダイアログが表示されます。


「名前」に「%temp%」を入力して「OK」をクリック。

ファイル名を指定して実行

すると、WindowsシステムのTempフォルダを開くことができます。

Tempフォルダ内のフォルダをすべて選択(Ctrlキー+A)して右クリック

ファイル名を指定して実行

プロパティで
どれくらい容量を占めているかが確認できます。

temp06waku

2GBはけっこう大きい! 削除しちゃいましょう。


「tmpファイル」を削除する方法

[Windows]ボタン→コンピュータをクリックし
「Cドライブ(※)」を選んでいる状態で右クリックして
「プロパティ」を選択。


temp07waku

「ディスクのクリーンアップを」選ぶと
削除するファイルの一覧が表示されます。


temo08waku
3177

temp09waku


この一覧にある「一時ファイル」をチェックして「OK」をクリックすれば、自動的に不要なファイルを削除してくれます!


temp10waku
3177

temp11waku


※Tempフォルダが置かれる場所は
WindowsのバージョンやPC環境ごとに異なります


実行後

tempBeforewaku

tempafterwaku


「最近パソコンが重い気がする」という方は
不要な「tmpファイル」が溜まってしまっているのかもしれません。


「不要なデータは削除したはずなのに容量を食っている」という方は
このファイルを削除してしまいましょう。

 

コメント・質問
どんな小さなことでも遠慮なくお問い合わせくださいね!

 

お問い合わせ250×200

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

自己紹介

kiro01  

このブログの運営者

キロルです!

1年後、10年後の不安をなくすため、訪問介護の仕事をしながら、

在宅ネットワークビジネスで 、将来に備えての生活設計に取り組んでいます。

このブログでは 「主婦だからこそアフィリエイト!正しい知識と経験を積み、インターネットビジネスで継続して 収入を得る!」 というコンセプトのもと、お役に立つ情報・実践を交えながらアフィリエイトについてお伝えしていきます。

お問い合わせ

 

ポストやぎ

お問い合わせ・メッセージは

こちらからどうぞ!

分からないことや不安に感じていることは、何でも相談してくださいね!

タグクラウド

アーカイブ

このページの先頭へ

pagepeel by webpicasso.de