“アラフィフ・クライシス”をどう乗り越えるか?

ジェネレーションギャップ

家族の足
ここ数年、パパが赤ちゃんを前抱っこして
ママが横を手ぶらで歩く姿をよく見かけます。

 

イケメン⇒イクメン(育メン)なんて
よび方もここ数年のように思います。

 

見てて微笑ましいです。

 

同時に羨ましいなぁ~なんてw

 

そんな現代のパパを見て
昭和30年代生れの男性には、考えられないことでしょう。

 

家事・育児は女房の仕事!
男が子どもを抱っこ紐で抱いて道を歩くなんてとんでもない!
なんて思っている男性が大多数ではないでしょうか。

 

わが家の昭和30年代生まれの旦那もそのくちです(笑)

taoreru かろうじて、片手で抱いて歩いてはいましたが。
それも2~3歳の頃です。

 

この年代の男性は「夫や子供のために女性が犠牲になるのは当然」
といった価値観の親のもとで育てられて、家事や育児には非協力的でも
仕事だけしっかりしていればいいんじゃない!
という考えを持っていることが多いようです。

 

そんな、時代背景で生きてきた50代の女性は
いま、まさに「環境・体・心」が激変する年代にさしかかっています。
 

夫は家事や育児に非協力的
 

長年蓄積された嫁姑問題の悩み
 

自分の親の介護問題も浮上
 

さらに更年期の症状も出てきて
精神的にも体力的にも悲鳴を上げている女性が増加しているそうです。
 

その状態を
アラフィフ・クライシス」とよぶようです。

 

なかには、子育て・家事に協力的な方もいらっしゃるかと思いますが。
残念なことにキロルは巡り会えませんでした。
そんな残念な状態でも、20年以上…(笑)

 

「アラフィフ・クライシス」を乗り切るには

老夫婦 平成25年の簡易生命表によると、日本人の平均寿命は男性が80.21歳 、
「人生80年」という言葉はこの平均寿命からきたものですが、日本はまさに世界有数の長寿国です。

 

昔は、「人生50年」といわれてきましたが
30年も人生が増えてるんです。

 

今まさに私は「アラフィフ・クライシス」よ!という50代の女性は
この時期をどう乗り越えるかで残りの人生が大きく変わるようです。

 

このアラフィフ・クライシスを無事に乗り越えるためには、

 

ある程度の心の準備をしておく。

 

子供の進路問題・更年期障害・親の介護問題
 

一生続くものではありません。
 

予想できる危機に対して、「心の準備」をしておくことで
実際の問題に直面したときに「とうとう来たね!」と
冷静な対応ができるようになります。
 

しかしながら、生活環境の変化に伴う収入面での準備は
なかなか出来ないのが現状だと思います。

 

子育て・家事・仕事に日々頑張ってきていても
在宅介護の必要が出てくれば、今までのように
勤めにでることは難しくなりますから。

 

いま、キロルは来るべき環境の変化に対応できるように
「サクセスアフィリ塾」でインターネットビジネスを
いちから学んでいます。

naoto お金でシアワセは買えないけれど、心豊かに暮らすため
在宅でも収入があれば、いろいろな問題に備えることはできます。

 

訪問介護の仕事を続けながら、毎日、新しい発見と学びがある。
そんな毎日には、張合いがあり、楽しく過ごすことができています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!
 


ランキングにも参加しています。
応援していただけると今まで以上に頑張れます^^


 

コメント・質問
どんな小さなことでも遠慮なくお問い合わせくださいね!

 

お問い合わせ250×200

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

自己紹介

kiro01  

このブログの運営者

キロルです!

1年後、10年後の不安をなくすため、訪問介護の仕事をしながら、

在宅ネットワークビジネスで 、将来に備えての生活設計に取り組んでいます。

このブログでは 「主婦だからこそアフィリエイト!正しい知識と経験を積み、インターネットビジネスで継続して 収入を得る!」 というコンセプトのもと、お役に立つ情報・実践を交えながらアフィリエイトについてお伝えしていきます。

お問い合わせ

 

ポストやぎ

お問い合わせ・メッセージは

こちらからどうぞ!

分からないことや不安に感じていることは、何でも相談してくださいね!

タグクラウド

アーカイブ

このページの先頭へ

pagepeel by webpicasso.de